STUDIO VOICE

twitterFACEBOOKtumblr

 

キーワードリンクをオン | オフ

| 特集☆環境音楽のすべて

「アンビエント・リミックス」の誕生

AMBIENT REMIX

文=三田格

イーノが始めて手掛けた「アンビエントリミックス」はおそらく、ザ・グリッド「ハート・ビート」で、続いてマッシヴ・アタックやスエードを手がけても、どれもがバッド・トリップにしかならず、「アンビエント」ではあっても「チルアウト」には適していなかった。「ハートビート」よりも2年前にザ・KLFペット・ショップ・ボーイズやディペッシュ・モードのために仕上げたものが「アンビエントリミックス」の機能性をすでに固定し、方向性が定められた後だったから、それはなおさら時代遅れに感じられたのである。アレックス・パタースンがマラソン「ムーヴィン」に延々と『エアポーツ』をミックスしたり、彼の仕業ではないかとされるピンク・フロイド『ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア』のフル・リミックスがいかにも快楽的であったこととはあまりにも対照的で(後にジョー・クラウゼルがリ-エディットした『ミーツ・マニュエル・ゲッチング』も同じ)、この時期に残されたリミックス・ワークは、ジ・オーブによるYMOテクノドン・リミクシィーズ2』、マッシヴ・アタックvs マッド・プロフェッサー『ノー・プロテクション』、チャプター・ハウスのフル・リミックスも手掛けたグローバル・コミュニケイション『リモーション』、クルーダー&ドーフマイスター『ザ・K&D・セッションズ』、そして、ナーヴ・カッツェ『ネヴァー・マインド・ザ・ディストーション』などが秀逸。

<img src="http://archive.studiovoice.jp/wp-content/uploads/2012/01/So-Hard.jpg" border="0" alt="" width="200" />
<span style="color: #c0c0c0;">THE KLF VS PET SHOP BOYS/「So Hard」/PARLOPHONE



特集AMBIENT & CHILL OUT 環境音楽のすべて
<...前へ | 次へ...>